やりくり(汗)

この時期、ハンドクリームとティッシュが手放せない 川口自交です。

 

ここのところナゼか古いお車の車検、修理が続いています。

古いお車は、私が若かりし頃に悩みながら整備していたので

懐かしくもあり、得意です(^ ^)」

私が若い頃は、インターネットが一般的では無く

分解する時に順番や構造を考えて、ドコの部分に不都合があって

どんな症状の故障になるのかを悩んで、理解して勉強したものです。

 

今日は、いつもメンテナンスを任せて頂いている M様のソアラの

水漏れと、オイル漏れの修理を依頼して頂きました。

 

昭和62年式 GZ20 ソアラです(^ ^)。

最近、ヒーターが効かないとの事で入庫して頂き、さっそく診断しました。

暖気運転をして室内のコントロールパネルで温度最大、風量最大にしてみます。

風は出るのですが、暖かくありません。

ボンネットを開け、ラジエーターを触ってみようと思ったら

水漏れした形跡がありました。

念のため、リフトアップして下廻りからもチェックしたところ

エンジンの中の、ウォーターポンプからも漏れた形跡がありました。

自動車のヒーターは、エンジンの冷却水を利用しているので

冷却水が漏れて、冷却水が入ってない状態だと効かないのです。

不幸中の幸いで、冬季の今の時期で外気温度が低いのと、早期発見で

オーバーヒートでエンジン破損までいかなかくて良かったです。

そして、チェックを進めていると、パワーステアリングからの

オイル漏れがありました。

エンジンルームの中は、常に高温にさらされています。

さらに、このソアラはツインターボでさらに高温になります。

なので、ゴムで出来たオイルパッキン類や、ホース類は柔軟性が無くなり

プラスチックのように硬くなり、冷却水やオイルが漏れてきてしまいます。

 

M様に連絡をとり、故障状況の原因と修理内容の説明をし、作業を進めさせて頂きます。

 

部品屋さんに注文したところ・・・

生産中止の在庫無しの部品が多数・・・

メーカー取り寄せ部品も多数・・・

 

再びM様に連絡をとり、部品手配と修理に時間が掛かってしまうので

しばらくお預かりしたいと説明しました。

 

メーカー取り寄せ部品は、待っていれば整備できますが、

生産中止の在庫無しは、、、分解しながら、現物合わせで

他車種の部品を工夫して流用したり、寸法を測って加工したり、、、

 

こうゆう整備、、、

 

好きです(^ ^)v

 

サトちゃんも、タケちゃんも生き生きしてます(^ ^)

 

IMG_1723

 

IMG_1722

 

修理が終わり、各部の洗浄、下廻りの洗浄、試運転をし

ヒーターの効き具合、水漏れ、オイル漏れの最終チェックをして

不都合が無い事を確認して、M様に引き渡せました(^ ^)」

 

お客様の愛着や、想い入れのあるお車の修理をさせて頂いて

お客様に笑顔で帰って頂けると、私も嬉しいです。

 

川口自交は、けっこう無理します(汗)。

それは知識と経験で、やりくり出来る事は無理します。

お車の事なら、お気軽に御相談ください。

お客様のカーライフのお手伝いをさせて頂きます。

 

株式会社 川口自動車交通

048-255-8325

埼玉県川口市中青木5-14-17

Google Buzz にシェア

This entry was posted in 今日の出来事 and tagged , , , , , , , , . Bookmark the permalink.