カスタム? 鈑金? いえいえ整備です。

明日からダイエットしようと思って、半年経ってしまった 川口自交です。

誰かが言っていた言葉で「 後でやろうはバカやろう、明日やろうは大バカやろう 」

と言う言葉が痛いほど刺さります(><)。

天気や気温が毎日変わるこの季節、みなさま体調管理が大変だと思います。

男性は暑ければ上着を気軽に脱いだり寒ければ我慢したりで体温調整は出来ますが

女性は大変な季節ですよね。

自動車も大変です。

新しいうちは問題なくても年数が経っていたり走行距離が進んでくると

急に気温が上がったりすると思わぬ所が故障したりします。

当社の営業車も例外ではありません。

プリウスやプリウスアルファなどのハイブリッド車はエンジンの冷却とは

別系統で、ハイブリッドシステムの冷却装置があります。

その冷却装置の整備をする場合、上の写真のようにバンパーや

ラジエーターなどを外して整備します。

昔の自動車は、ラジエーターやバンパーを外すとなると大仕事でしたが

現行の自動車は逆に外す事を前提に設計されているようです。

整備性を良くするためであったり、車体を小さく軽くするためであったり

衝突した際の安全を確保するためであったりと理由はいろいろあるので

取り外しやすくなっています。

昨今の自動車のエンジンルームはチョ~狭いので、ラジエーターや

バンパーが外せると整備性が良いです。

たしかに、狭いなか上からアプローチするのと、外せるものを外して

出来たスペースでアプローチ出来るのでは整備のやりやすさが全然ちがいます。

っと思いつつ、知り合いの鈑金屋さんに遊びに行ったところ

あれっ?

さっきまで会社で見てた光景と同じような自動車がありました。

ボク  「 大きい事故やってる車? 」

鈑金屋 「 タイミングベルト交換だよ 」

ボク  「 狭くて工具が入らなかったの? 」

鈑金屋 「 ちゃうちゃう、アウディはこうゆうやりかたなの 」

ボク  「 こうやって出来るのは良いね~ 」

鈑金屋 「 アウディとかポルシェのドイツ車は整備性を考えて設計されてるんだね。

ベンツのボンネットは垂直になるくらいまで開くしね。 」

あ~もうビックリしました。

この車、アウディA4なんですけどライトやラジエーター、バンパーが

そっくり外せるようになってるんです。

逆に外さないと、工具も入らないし、手も入らないくらい

チョ~狭いです。

そりゃ~ビックリしましたよ。

でもココまで外せれば整備性は抜群に良いです。

ってゆうか、間違いが無く、確実な整備が出来ますね。

外す手間はかかりますが、外さない日本車と比較してトータル時間は同じか

外したほうが早いかもしれません。

昔の人が言うように、「 急がばまわれ 」ですね。

帰りの車の中で、まだまだ勉強が足りないと痛感しました。

っと同時に、ボクの知識の引き出しがまた一つ増えました(^^)v

ってゆう事で、整備士をまだまだ募集しています!

タクシー営業車は、60万キロ走ります。

そして、プリウスやプリウスアルファは現在40万キロ走行している車輌もあります。

ハイブリッド車が一般的になった現在、ハイブリッド車の欠点や故障しやすい所

それを修理する整備士としてのスキルアップも身に付きます。

あわせて、お客様の多種多様なお車の整備もあるので充実した毎日になります。

自動車が好きな事はモチロン、人と話す事が好き、なにか一つの事をジックリ考えて

解決する事が好きなら、お問い合わせください。

エンジンが調子悪い車、ゴトゴト異音がする車が直った時の達成感は

気持ち良いですよ。

株式会社 川口自動車交通

048-255-8325

埼玉県川口市中青木5-14-17

kawaguti_jikou_w@yahoo.co.jp

担当 鎌田(かまた)、森田(もりた)

Post to Google Buzz

This entry was posted in お知らせ, 今日の出来事 and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink.