Tag Archives: 旧車

難しぃ~(><;)

暖かい時こそ 温かいお茶を飲んでる 川口自交です。

温かい渋~いお茶を飲むとなぜか落ち着きますね(^ ^)。

今週の川口自交は悩んでました~(><)
いつもチョットした事でも当社に寄って頂いている K様の
平成4年型の FB13 サニー を車検で入庫して頂いたんですが

K様  『 突然、エンジンが止まっちゃう時があるんだけど
      見てくれない? 』

私   『 どんな時に、どんな風に止まりますか? 』

K様  『 走ってる時に止まっちゃう時もあれば、信号待ちでも
      止まっちゃう時もあるんだ。 』

私   『 どのくらいの頻度ですか? 』

K様  『 通勤の時だから、、、走りだしてスグの時もあれば
      1時間走っても止まらない時もあるから困っちゃうんだよね 』

私   『 そうしたら、症状が確認できるまでチョット試運転させて頂きます 』

この瞬間、しばらくお預かりするような予感がしました。。。

私のキャパが狭い頭で段取りを組みます (^ ^;)

まずは、車検整備の見積りをして、部品手配、整備、試運転、試運転、試運転。。。
K様は1年毎に当社でオイル交換などさせて頂いているので、車検整備の内容は
大きな問題はありません。

一通りの車検整備が終わって、いざ! 試運転です。
いろいろな走行条件を想定して、ゆっくり発進、急加速などなど=333

この車、キャブレーターなので(今の車はコンピューター制御です)
アナログ運転で、アナログ診断が必要です。
キャブレーターは、アクセル開度や、走行状況の負荷の掛かり方で
「 ジェット 」という、筒状の小さな穴をガソリンが通ってエンジンへ送ります。
この「 ジェット 」は、スロージェット、加速ジェットなど、3~4種類あります。
つまり、いろいろな走行状態で、いろいろなアクセルの踏み方を再現して
「 詰まり 」が無いか試運転して確認します=333

キャブレーターの車は、まずココの「 詰まり 」に見当を付けていきます。
っが、異常無しです (><)

次に、ガソリンポンプなどのキャブレーターまでの「 詰まり 」を点検します。
ガソリンポンプは機械式で正常に動いてます。
ガソリンフィルターも「 詰まり 」はありません。
ガソリンタンクからキャブレーターまでのパイプにエアを通しましたが異常無し。

なので、基本の

『 良い混合気 』 ⇒ 『 良い圧縮 』 ⇒ 『 良い爆発 』 の

良い混合気はOKとなります。

次に、良い圧縮は、いつものようにクランクシャフトを手で回します。
1⇒3⇒4⇒2 全てのシリンダーが圧縮しています。
ココで圧縮していない時は、コンプレッションゲージという特殊工具で
計測するのですが、経験とカンで OKとします。

そして、良い爆発は、スパークプラグの焼け具合で判断します。
4気筒なので、スパークプラグも4本ついています。
点検の結果、4本とも良い爆発をしているようです。

んんん~(><;)

全て正常です。

しかし、お客様はエンジンが止まると言っている。。。

原点に戻り、試運転です。

エンストした時の事を想定して、遠出はしません。
近所のスキップシティの回りを周回しようと思ったその時!

止まりました!!!

喜んで良いのやら。。。

この年式だと、OBD(自動車自己診断システム)が無いので
私の自己診断を開始します。

後続車が居ないのを確認して、ハザードを出して路肩まで惰性で寄せます。
そして、セルを回すもエンジンは掛かりません。
車から降りると、ガソリン臭い。
なので、混合気が原因では無いと判断。

ココで! ピ~ンっときました。
トヨタ系の古いエンジンでも同じ症状があったのを思い出しました。
しばらく停車させて、エンジンが冷えるのを待って、セルを回します。
1発で掛かりました。

工場まで祈りながら戻り、私の頭の中の数少ない引き出しをひっくり返して

『 デストリビューターの電解コンデンサーの不良 』 を探し出しました(^ ^)v

早速、デストリビューターキャップを外してみると!
コンデンサーからの液漏れと、オイルシールの劣化で油っぽくなっていました。

K様に連絡を取り、交換の了承を得て、デストリビューターを交換しました。

そして、入念に試運転=3 試運転=33 試運転=333

エンジンが止まらない事、各部オイル漏れが無い事を確認して整備完了です(^ ^)v

っと書いていますが、ココまで1週間かかってます。。。
紆余曲折、キーシリンダーの点検やら、断線点検、ヒュージブルリンク、リレー点検など
電気系統は総点検しましたので。。。

悩んだら、悩んだ分だけ、そして手のキズ、油で汚した分だけ、
直った時の感動・達成感は格別です。

川口自交は、古い車でも頑張ります!
スタッフ総出で頑張ります (^ ^)>

お車の事でお困りになったら、お気軽に御相談ください。
困っていなくても、お車の事はお問い合わせください。

株式会社 川口自動車交通
048-255-8325
埼玉県川口市中青木5-14-17
kawaguti_jikou_w@yahoo.co.jp

Posted in 整備記録 | Tagged , , , , , , , , , , , , |

やりくり(汗)

この時期、ハンドクリームとティッシュが手放せない 川口自交です。

 

ここのところナゼか古いお車の車検、修理が続いています。

古いお車は、私が若かりし頃に悩みながら整備していたので

懐かしくもあり、得意です(^ ^)」

私が若い頃は、インターネットが一般的では無く

分解する時に順番や構造を考えて、ドコの部分に不都合があって

どんな症状の故障になるのかを悩んで、理解して勉強したものです。

 

今日は、いつもメンテナンスを任せて頂いている M様のソアラの

水漏れと、オイル漏れの修理を依頼して頂きました。

 

昭和62年式 GZ20 ソアラです(^ ^)。

最近、ヒーターが効かないとの事で入庫して頂き、さっそく診断しました。

暖気運転をして室内のコントロールパネルで温度最大、風量最大にしてみます。

風は出るのですが、暖かくありません。

ボンネットを開け、ラジエーターを触ってみようと思ったら

水漏れした形跡がありました。

念のため、リフトアップして下廻りからもチェックしたところ

エンジンの中の、ウォーターポンプからも漏れた形跡がありました。

自動車のヒーターは、エンジンの冷却水を利用しているので

冷却水が漏れて、冷却水が入ってない状態だと効かないのです。

不幸中の幸いで、冬季の今の時期で外気温度が低いのと、早期発見で

オーバーヒートでエンジン破損までいかなかくて良かったです。

そして、チェックを進めていると、パワーステアリングからの

オイル漏れがありました。

エンジンルームの中は、常に高温にさらされています。

さらに、このソアラはツインターボでさらに高温になります。

なので、ゴムで出来たオイルパッキン類や、ホース類は柔軟性が無くなり

プラスチックのように硬くなり、冷却水やオイルが漏れてきてしまいます。

 

M様に連絡をとり、故障状況の原因と修理内容の説明をし、作業を進めさせて頂きます。

 

部品屋さんに注文したところ・・・

生産中止の在庫無しの部品が多数・・・

メーカー取り寄せ部品も多数・・・

 

再びM様に連絡をとり、部品手配と修理に時間が掛かってしまうので

しばらくお預かりしたいと説明しました。

 

メーカー取り寄せ部品は、待っていれば整備できますが、

生産中止の在庫無しは、、、分解しながら、現物合わせで

他車種の部品を工夫して流用したり、寸法を測って加工したり、、、

 

こうゆう整備、、、

 

好きです(^ ^)v

 

サトちゃんも、タケちゃんも生き生きしてます(^ ^)

 

IMG_1723

 

IMG_1722

 

修理が終わり、各部の洗浄、下廻りの洗浄、試運転をし

ヒーターの効き具合、水漏れ、オイル漏れの最終チェックをして

不都合が無い事を確認して、M様に引き渡せました(^ ^)」

 

お客様の愛着や、想い入れのあるお車の修理をさせて頂いて

お客様に笑顔で帰って頂けると、私も嬉しいです。

 

川口自交は、けっこう無理します(汗)。

それは知識と経験で、やりくり出来る事は無理します。

お車の事なら、お気軽に御相談ください。

お客様のカーライフのお手伝いをさせて頂きます。

 

株式会社 川口自動車交通

048-255-8325

埼玉県川口市中青木5-14-17

Posted in 今日の出来事 | Tagged , , , , , , , , |